居場所を育てる

建築を設計するとき、デザインする時

かっこいいだけじゃなく、気持ちがいい居場所をつくることを

いつも心がけてきました

設計を通して居場所を何件もつくってゆくうちに

気持ちがいいというのは

考えつくされた窓の位置や、空間の大きさ形状はもちろんのことながら

使う人の想いが込もっていること

土地とつながって土地と一緒に時を経ていること

そんなことがとても大事だと気づきました

竣工時にかっこいいだけでなく

検討中からお施主さんと一緒に最適な状態にするべく悩み

施工中は職人さん、時にはお施主さんのDIYを一緒に

地域の人や文化と関わり

建物が完成した後も

少しずつ馴染んで心地よくなるような

そんな建築の設計を生業としています

わたしたちと一緒に

心地いい、居場所を育ててみませんか?